【特集】DELTA coachingが始動!なぜアジアトップクラスのプロチームがコーチング事業を始めたのか!?

DELTAは、事業の3つの柱(大会運営事業、教育事業、海外遠征事業)のうち、教育事業の一環として、6月1日、オンラインコーチング事業をスタートさせました。




オンラインコーチング事業は、他社でも既に行われているサイトも見かけますが、僕らのコーチング事業の特徴には、4つの特徴があります。






1, アジアトップクラスの経験あるプレイヤーがコーチ

コーチ陣は、全て自身がフォートナイトの公式戦でアジアで1桁クラスの経験者です。まだ現役プレイヤーもいます。「どうやったら上手くなるのか」「どうやったら弱点を克服できるのか」を実践していますので、説得力あるコーチングができます。


コーチ代表であるやせのっぽは、プレイヤーとしての実績を残した後、DELTAの育成部門のコーチングも担当し、これまで社会人チームなどのコーチングも務めた実績があります。


これまでのプレイヤーとしての経験から、理論的に勝つための方法を追求してきた彼を中心に、コーチングを広げていきます。



コーチ代表 やせのっぽ



2, フォートナイトに特化した専門的なコーチング

DELTAは、世界的に人気のあるゲームタイトルである、”フォートナイト”に特化したチームですので、受講者は、より専門的なコーチングを受けることができます。


最近では、eスポーツの甲子園と言われるようになった「STAGE:0」でもフォートナイトが取り上げられており、より専門的なコーチングが必要になってきています。 今年は、既にSTAGE:0では、過去最高の参加校、エントリーです。eスポーツを部活動などで取り組む学校の比率は昨年から約2倍に増加しています。


その中でも、フォートナイトは、リーグ・オブ・レジェンド(LoL)、クラッシュ・ロワイヤルに比べてもダントツに参加校・エントリーが多いのです。

2021年のSTAGE:0のフォートナイトのエントリーは、なんと1372校、3,178人です!


参考記事: 競技人口拡大中!日本最大※の高校eスポーツの祭典『STAGE:0 2021』過去最高、全国1,960校・5,675名の高校生がエントリー(2021年6月4日 PR TIMES)


STAGE:0 サイト:



そして、最近では毎月高校生のeスポーツ大会を開催しようとする動きもでてきています。


参考記事:

高校生eスポーツ大会を毎月開催! 本格始動した「NASEF JAPAN(ナセフジャパン)」の狙い(2021年5月31日 Yahoo!ニュース)


直近でも、”NASEF JAPAN MAJOR Fortnite Tournament Summer 2021”が開催されるようです。

今、フォートナイトは、高校生の間でも人気タイトルの1つであり、各高校でのeスポーツ部活動は、盛り上がるのは必至です。

3, リモートによるコミュニケーション能力アップを期待

コロナ禍において、社会的にリモート会議の重要性はあがってきています。対面においてのコミュニケーションがなかなか取りづらい時代に、リモート会議でのコミュニケーション能力の向上は、不可欠になってきています。


ゲームで楽しみながらも、リモートの方法を学び、コミュニケーションをとることを自然に身につけることができます。


上記のように、学校生活においてもeスポーツ活動により、新しいチームワークの作り方ができるようになり、普段の学校生活とはまた違ったコミュニケーションのとり方を学ぶ事ができます。




コーチ Syamu


4, プロチームDELTAに所属できるチャンスがある

コーチングをする中で、実力のある受講者には、DELTA esportsから直接声がかかるチャンスがあります。


コーチングする中で、当然、どのくらい実力があるかは、僕らが判断できます。もっと上を目指せる可能性ある受講者には、直接チームとして、お声掛けすることがあると思います。


そして、一緒にトップクラスで戦ってくれる一員になることを期待します。



どんなコーチングを行うのか?


まずは、予約していただいた際に、記入していただくアンケートと、最初の受講時のヒアリングで、受講者の方の苦手とする部分について、コンサルティングし、アドバイスを行います。それに基づいたカリキュラムを選択し、練習方法をお教えし、さらに実績あるコーチが一緒に実践します。