DELTA のトップクラスプレイヤー:YASENOPPOが対面で意識すべき3つを教えます!


DELTAの中でも、常に公式戦ではアジアランクでもトップクラスに顔を見せるYasenoppo。入隊した頃は、あまり目立たないイメージでしたが、実力はその頃からお墨付き。じわじわとクランの中でも存在感を見せつけ、気がつけば、DELTA でも代表するプレイヤーに成長していました。そのYasenoppoが、今回は、「対面」のコツを語ってくれます。






こんにちは!

DELTA のやせのっぽ

です!


今日は、僕が対面の時に

意識している3つをご紹介します。




①つるはしを持つ時間を減らす

 

対面で

つるはしで

張り替えているとき


カウンターを

もらうことが多いと

思います。



そのカウンターを

減らすために

持つ時間を減らすこと

が大切です。  


具体的に

どう減らしていくのか




例として


SMGやARで張り替える

敵の壁を連続して削らないこと


などがあります。




これを意識すれば


対面時での

被ダメは

かなり抑えられる

と思います。



②敵の見えずらい角度、見えない角度で編集する  


これは


カウンターと攻める際の両方で

言えることです。



実際に

このような開け方があります。




  





一つ目の編集の仕方は

使っている人をよく見かけます。  



敵目線だと

こんな感じでいつ出てくるか、

いつ攻撃されるか


わからない状態で

めちゃめちゃ強いです!  



 

 




二つ目は



ですね。



足元に

屋根があると良き!  



窓は

編集の中でも

最も小さく狙うのは

難しいことも多いけど