【注目】初のイベント、FNCS オールスターショーダウン開催。他にもFORTNITEのビッグイベントはある!?



先日の記事でもお伝えしましたが、

現在、コロナ禍のために、オフライン大会が開催されない状況で、

フォートナイトでの公式戦で、一番大きな大会が、


FNCS(FORTNITE CHAMPION SERIES)です。



参考記事:


【注目】2021年のフォートナイトの世界的トーナメント大会 Fortnite Champion Series (FNCS)とは?




その中で好成績のプレイヤーを招待して

今回、初めて開催されたソロトーナメントが、


“FNCS ALL-STAR SHOWDOWN”


です。





つまりは、“一流フォートナイトプレイヤーの祭典”です。

ソロトーナメントも久しぶりの大会ですよね。






世界7地区(ヨーロッパ、北米東部、北米西部、ブラジル、アジア、中東、オセアニア)の、各地区でソロトーナメントによる、最強プレイヤーが決定しました。


アジアでも、6月23日から26日に開催されました。


もちろん、僕らDELTAからも

3名(Rui、Syamu、MERCI)のプレイヤーが招待されました。





-----------------------------------------------------------------

90名の招待+10名の参加資格者によるソロトーナメント


この大会は、過去2回(チャプター2/シーズン5・6)のFNCSで好成績を収めたプレイヤーが、主催者である開発元:EPIC GAMESから招待されたプレイヤーがほとんどです。


招待基準は、

・チャプター2/シーズン5・シーズン6のFNCS各上位15チーム(70選手)

・チャプター2/シーズン5・シーズン6のFNCSの平均成績順(20選手)


それとは別に参加できるのは、

・FNCSソロオールスターチャンピオンシッププレイインの上位(10選手)

これは、別に予選からROUND4までに行われた“プレイイン”で参加資格を与えられたプレイヤーです。


アジアでは、ROUND2で、ROUND1から勝ち残った1000人のプレイヤーです。

(ヨーロッパ、北米東部、北米西部、ブラジルは2000人!?)


それから、ROUND3で350人、ROUND4で100人となり、それが最終的には、上位10名まで絞られました。すごい激闘ですよね。



最終的に

各地域のチャンピオンが生まれます。

これはFORTNITEプレイヤーにとっても

大きな実績となります。



----------------------------------------------------------

今回のFORTNITEのトーナメントを主催したBLAST






BLASTは、イギリスを拠点としたトーナメント組織で、CS:GOのトーナメント“BLAST Premier”を開催していることで知られていますが、近年では、Dota2のイベントを開催したり、Riot Gamesと協力してVALORANT Ignition Seriesのトーナメントを開催したりしています。


今後は、Apex Legends の開催も計画しているのだとか。


----------------------------------------------------------

欧米の世界的LANパーティーと言えば、DREAMHACK







日本ではあまり聞きませんが、世界的LANパーティの団体といえば、

DREAMHACK


この団体が、最近は、LANパーティはコロナ禍では、開催が難しいため、フォートナイトでは、オンラインの大会を開催しています。


8月までフルイベントはありませんが、7月にはいくつかのフォートナイト・キャッシュ・カップが開催されまるようです。


7月14日、もう1つは7月21日の両日で、2つのキャッシュカップが開催されます。どちらもEUとNAのEastサーバーが対象です。


日本で開催されないのは残念です。早くアジアに進出して欲しいですね。



ところで、


LANパーティってご存知ですか?


“人々がコンピュータを持ち寄り、主にマルチプレーヤーコンピュータゲームを行うためにお互いをLocal Area Network(LAN)で接続すること”


らしいんですが、


2人からでも「LANパーティ」で、最大6,500以上のものまであるそう。


オフラインイベントとしては、大人も子供も関係なく、みんながその場で参加できるし、一緒に盛り上がれる方法なので、コロナ禍のあとは、日本でもまた増えてくるイベントではないかと思います。


----------------------------------------------------------

アメリカの高校生・大学生のリーグPlayVS






日本には、高校生のeスポーツ甲子園とも言われる“STAGE:0”が、

フォートナイトをタイトルの1つにして、開催しており、

毎年徐々に熱を浴びて来ており、参加校も増加しています。



2020年の決勝大会の模様




ところで、


アメリカには、PlayVS(プレイバーザス)というアマチュアeスポーツリーグが存在します。


PlayVSは、フォートナイトの提供元であるEpic Gamesと世界で初めて提携した企業で、

2018年10月に創立され、高校生だけではなく、大学生のリーグも結成しています。

PlayVSは、カナダの高校のeスポーツチームにインフラを提供しているGame Setaも2021年1月には買収しており、拡大しています。


https://gameseta.com/


----------------------------------------------------


こうした大会が増えることで、

世界中の若者同士が、気兼ねなく、

交流を深めていけるシーンが増えてきます。


eスポーツの大会は、

常にどこかで世界大会が

開かれようとしています。


将来的に、もっと国際的な交流が活発になり、

世界中で経済や平和の面でも、大きな効果が出てくると

いいなと思います。


-----------------------------------------------------------

ところで、

“FNCS ALL-STAR SHOWDOWN”の結果はというと、


Rui 13位

Syamu 58位


どうも今年の後半戦も

FNCSが2回開催され、

その後、FNCS ALL-STAR SHOWDOWN って

流れになりそうです。


https://www.epicgames.com/fortnite/competitive/ja/news/fortnite-chapter-2-season-7-competitive-update



今後のFORTNITEの流れも楽しみです。




------------------------------------------------------------

DELTA esports

ー無名から、成り上がるー


▼ホームページ https://www.delta-gg.com ▼Twitter公式アカウント https://twitter.com/DELTAGG058 ▼Facebook公式アカウント https://www.facebook.com/DELTAesportsjp ▼YOU TUBE公式アカウント  https://www.youtube.com/channel/UCrnSC72ZkyyF1EysS8pd3ig

0件のコメント
f3a4bbc3a144bf8ccaa5f0c8e4656e58.png
a5.png
aiwa_logo_ver1911 (アウトライン)_edited.jpg
LOGO_new201310__edited.jpg